2020年4月3日金曜日

4/3 「二十四節気では草木清明風光明媚」の清明







302
20200403 
四月、「二十四節気では草木清明風光明媚」の清明です。

 “四月は桜”のはずですが東京は314日開花済み。
それどころか“新型コロナ”により「歩きながらの花見も出来ない状況」になってしまいました( ノД`)シクシク…
緊急事態です。お互いに最大限の注意と対処で凌ぎましょう!

と、言うことで今週はストックによる「お花見」で我慢して下さい。

302-1 公園の散歩
 自宅前100mの公園スナップ。
 超広角(焦点8)レンズだと狭い場所も絵になるものです。

302-2 春休み最後の校庭
 自転車で10分ほどのこの小学校は近郷では一番歴史が古く江戸末期には「寺子屋」として、1872(明治5年:学校制度が始まった)には一番乗りで 近くのお寺さん「万福寺」の庭に生徒48人 教師一人の“増尾学校”として開校。その後の火災焼失で 現在地に移設、記念に校庭の真ん中に桜を植えた由緒ある小学校です。
が、写真の主人公たちは当然児童現代っ子。歴史ある桜なんてどうでもいいようで、新学期前の一(ひと)遊びに夢中です。

3023 桜咲く本土寺
 近郷に鳴り響いた名刹“本土寺”はアジサイ寺として また紅葉で有名なお寺さん。ですが、桜もなかなか引けを取らない風景で好きな所です。

実は、このお寺さんの参道には美味しい漬物屋があり2,3ケ月毎に自転車を走らせて来るのが一番の理由です()

302-4 柏公園にて
 山ケン日課の体力維持“手賀沼一周自転車コース”の20㎞点がこの公園です。

来年にはこのような風景を期待したいものです。

山ケン

2020年3月27日金曜日

3/27 特定外来生物“アライグマ”にわが家の金魚がやられた!!


301
20200327





特定外来生物“アライグマ”にわが家の金魚がやられた!!

3011 我が家の金魚
 14年前 孫が遊びに来た時に夜店で買ってきた金魚がこんなに大きくなっていました。

302-23 金魚水槽
 この水槽は日常の面倒を少なくする設備として「外部2槽式、水の補給から多段濾過・冬季水温自動調節・夏季間欠散水式」です。14年前製作の自慢のしろものだったが、造って間もなく野良猫に半数が殺され・・・

302-3 防御ネット
 急遽「野良猫防止用上部・側面ネット」を追加し安心して楽しんだものでした。
ところが 今月9日夜 近所の空き家にでも居ついたであろうアライグマに襲撃され、「野良猫では絶対破壊不可能な強度の防御ネットつき水槽」の側面ネットを引きちぎり金魚を全滅させてしまった。
 市役所では「捕獲罠を貸すのでどうぞ・・・」と言われ ワイフからは「もう金魚は飼わないで」だった。 「アーッ」ショック最大!!()

3014 空き家・天井裏に住みつくアライグマ
 アライグマは狸に似ているが力持ちで はるかに賢い動物、日本では外来生物法で特定外来生物”に指定されている生活上の悪者です。
2008年発表では 防除や有害駆除を含めたアライグマの捕獲数は 国内で
14,000、その後さらに全国で増えていることでしょう。
20117-8月、兵庫県尼崎市で犬を散歩させていた住人が次々とアライグマに噛まれる事件が発生、大きく報道されたことがありました。

*柏市役所環境政策課の電話では「最近 柏市内でも空き家/天井裏などに住みついたアライグマの苦情が大変多くなった(2020年3月)とのことだった。
「こんなに可愛い姿なのに困ったものです」
 皆さんも庭の鯉・金魚池や、農作物にご注意下さい。

山ケン

2020年3月20日金曜日

3/20 『“新型コロナウイルス”パンデミック(世界的流行)』まさに今です






300
20200320

 “新型コロナウイルス”パンデミック(世界的流行)まさに今です。
「皆さんお元気ですか? お互いに最大限の注意と行動を心がけましょう」。

114日の写真便り292独り言『生活 生き残り策』で“家シス
テム”以外は不記載でしたが、オイルショック以降自宅保存メモに、
◎生活必需品ストック;・食料・生活消耗品(トイレロール・テイッシュな
)・消毒薬・各種常備医薬品(マスク(風邪・花粉症対策)・包帯など)記入あり。
今も月1チェック継続中マスク・トイレロールなど不足品無し!!

 今日は春分の日ですが こんな時は家で過ごすのが一番です。
今週の写真便りテーマはストックの「庭の草花」です。

3001 彼岸の頃のハボタン
正月の残りものです。昨年 花エリアに植えたこのアブラナ科の花はこれから咲く予定のためしばらくこのまま・・・「ずぼらな性格にピッタリ」()
  *撮影;2017324

300-2 ハナニラの花
 誰が植えたのか全く意識は無いのですが、毎年どんどんと増え続けます。
    *撮影;2018328

3003 スノーフレーク“和名;スズランスイセン”
 何と言ったってわが家の“雑草プランターの主”です。一度根付いた球根は
隣家の日陰になろうが増え続けています。    *撮影;2017325

300-4 沈丁花
 昔友達から根分けしてもらった裏庭の沈丁花です。こうしてドアップで花を見ると可愛らしいでしょう!          *撮影;201738

3005 ハボタンの花
 4月 ハボタンも結構な花になりました。   *撮影;2017410

山ケン

2020年3月14日土曜日

3/13 都電のある風景








299
20200313
都電のある風景

東京の街は昭和60年代までは都心の主な道路に都電(路面電車)が走っていて好きな所に定額で行けたのですが1972(昭和42)までに ほとんどの路線が撤去され 残ったのが“荒川線(緑色)だけでした。
“都電荒川線”に「都電ノスタルジー」を探し歩いてみました。

2991路線図
 この図1960年代(昭和3544)は まさに毛細血管のような都電路線でした。
しかし高度成長期が始まり 激増する道路の渋滞、東京オリンピック対策 等で
次々と都電が消えて行き 令和二年に残っていたのが緑色の“荒川線 12.2km
(それも殆ど専用軌道で一般道路との併用区間はたった1.7) のみになりました。
 都電が消えたのは1961年に(昭和36年) “昭和37年度首都圏整備事業計画策定方針が決定「都電と横浜市電は撤去に着手するものとする」”が発端となり、同年9月には杉並線撤去を勧告、渋滞の多い主要路線、地下鉄開通などが要因で順次廃止されて行ったのです。

2992都電 早稲田にて
 この線は早稲田から南千住(三ノ輪橋)まで 大半が専用軌道で自動車通行への支障が少ないこと、路線とほぼ並行している明治通りの渋滞が恒常的で路線バス(都営バス)による運行代替では定時運行が困難であると判断沿線住民を中心とする利用客からの存続要望も強かったことで生き残れたのです。
  *2016年撮影

2993道路の広い飛鳥山付近
 一般道路との共通路線は王子駅付近だけが残った。  *2016年撮影

299-4大塚駅前
2015年撮影

2995町家駅前
 南千住 素盞雄(すさのお)神社の天王祭本祭の日。    *2008年撮影 

山ケン

2020年3月6日金曜日

3/6 手賀沼の 春・夏・秋・冬







298
20200306

手賀沼の 春・夏・秋・冬

・一見脈絡ない手賀沼の鳥たちの行動、実は寸分違わない時計のような自然
  行動でした。
 ・この野生化したアヒルたちは2000年頃から釣り堀付近で生活していた。
 ・エビが豊富なこの一画は何故かダイサギ・コサギ・アオサギが集合する。
 ・海から数10㌔も離れている手賀沼にも冬になるとカモメが飛来します。
     
2981 
 2004年3月初旬 日の出と共にコブハクチョウ夫婦(写真;左の2羽)は“子別れ間近の朝食”を過ごすために子供たちと餌場に向かっていました。
昼になればオス親が自分たちの営巣場所から子供を追い払うはずです。
        *撮影;20043

2982 
 遊歩道の脇で人や犬など気にせずに このアヒル*家族は頻繁に卵を産み 理由は不明ながら直ぐに無くなってしまう生活を長く続けていたが、ふと気づくと2014年頃には姿が見えなくなっていました。
*①;この野生(多分)のアヒルは“マガモ”と“家禽アヒル”の交雑“合鴨”と同じですが、
野生化しても家禽時代の習性が残る多産系でどこにでも卵を産みます。
*撮影;20036

2983 
 小魚やエビの活動が目立つ薄曇りの午後です。サギ達は水面に自分の陰が写らないので安心して漁が出来るための集合だろうか・・理由は「?」です。
*撮影;20179

298-4 冬 
 カモメたちは遠い海岸から三々五々飛来し手賀沼に落ち着き 普段の漁の外に 近くの公園で餌を撒いてくれる人間たちを待ち続けます。
*撮影;2004年1月

山ケン

2020年3月1日日曜日

2/28 “傘御籤(かさみくじ)”






297
20200228

“傘御籤(かさみくじ)
東京南千住にある61町もの大きな地域の総鎮守。 平成七年に ご鎮座千二百年祭が行われた由緒ある素盞雄(すさのお)神社のお御籤は少し変わっていて面白いのでつい“パチリ”でした。
オモチャの様な“小さな傘”がお御籤なのです。

2971かさみくじ
正殿前の狛犬の裏手に参拝者の奉納傘御籤がいっぱい吊るされていて案内に
悪しきこと サッと開いて雨に浸し 良きことは 大きく開いて開運招福」とありました。でも・・・

2972
 “快晴で大吉なのに開き損ない 「旅行はお金がかかるものネー・・・」

2973
大雨で末吉”でも大きく開いたままですよ 「いろいろ気遣いしたいですネ」

297-4
 それでも参拝者は拝礼の後 傘御籤を奉納し下がって行きました。

【追伸】この神社の3月のお節句“上巳の節句(写真便り2017141号にて紹介)
江戸時代から続くお雛様飾りで圧巻です是非一度ご参拝ください。

山ケン

2020年2月22日土曜日

2/21 記録と記憶







296
20200221

記録と記憶

先輩に誘われ奥秩父金峰山*①へ登山してきた。62年前の1958(昭和33)正月元旦のことです。それまで冬山は近くの谷川岳周辺のみで その日が初めて自分の「縄張り」を飛びだした遠征だったのです。
今週の写真は全て写真と言う記録により“手がかり”や“誘導”された記憶メモです。
 【今回はそんな記憶を呼び起こすために保存しているアナログ写真アルバムからのデジタル
コピーを使いました。】
*①:山梨/長野県にまたがる金峰山(標高2,599m)の山頂にある五丈岩は遠くからでも見える
名山。周囲360度の視界に富士山をはじめ 八ヶ岳、南アルプスなどが望見できます。

296₋1 金山有井館にて
金峰の頂上まで数キロの山小屋(金山有井館は現在もあります)での一泊は少し興奮気味だったが、先輩が何か書きことをしている姿から「万年ベレー帽の明るい笑顔の“T”さん」の記憶が蘇えりました。彼には大変世話になりました。

296-23 1958年元旦の金峰山頂
山頂の五丈岩を見たときは何故かすごく感動したはずですがやはり瞬間の記憶は定かでなく、帰宅後の現像フイルムからの“ベタ焼き*②を見たときの喜びが思い出され、寒さを忘れルーペを見つめていました。
   *②写真フイルムを拡大などせずにそのまま印画紙に焼き付けたもの。

296-4 初見参の富士山
 この時まで富士山を見たことが無かった山ケン撮影の初めての富士山です。
 富士山は今でも機会があれば必ず撮影する尊敬の山です。

「皆さんもデジカメ/スマホなどで古いアルバムを撮り直して見るといいですネ。記録から新鮮な記憶が蘇えってくるでしょう。」

山ケン